草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

水栽培 原種チューリップとムスカリで和風に

チューリップとムスカリの水栽培1

チューリップとムスカリ。これ春の寄せ植えの定番ですね。

小さな原種系のチューリップとムスカリを和風寄せ植えっぽい水栽培にしてみようと思います。

使ったのは 家にあった花器と庭の砂利とミニタイプの球根です。和風、というよりロックガーデンな雰囲気になってしまうかもですね。

広告

原種系チューリップとムスカリ

今回使ったのは原種系ミニミニチューリップ ブライトゼムという黄色いチューリップです。それとムスカリアズレウム。花時期が微妙にずれるのが心配です。

それぞれのお花の紹介をしますね。

原種系ミニミニチューリップブライトゼム

植え付け:10月~12月
開花期:3月~4月
草丈:10~20cm

庭植えの場合は できるだけ連作を避けます。
植え付けの少し前に堆肥と苦土石灰を混ぜて、
植え付けの時に緩効性肥料を混ぜ込んでください。
植えっぱなしOKのチューリップです

ムスカリ アズレウム

植え付け:9月~12月
花時期:4月~5月
草丈:15~20cm

花の色は水色。
庭植えにすると植えっぱなしでも毎年咲きます。
株が密植してきたら6月ごろに掘り上げてください。

チューリップとムスカリの和風水栽培

用意したものは 小さな切り花を飾る一輪挿しの器

庭で拾った砂利をざっと洗って器に

その上に適当にチューリップやムスカリの球根を並べました。

少し密植気味に置いていますが、多分この後徐々に減らしていくと思います。

水替えの方法:平たい鉢なので砂利と球根を手のひらで押さえて器を傾けると 水が簡単に流れ出ます。なので水をこぼしてから新しい水を入れるようにしています。
庭の砂利を使っているので 腐りやすいかもしれないので水替えは毎日しています。

チューリップとムスカリの水栽培の栽培記録

10月24日
器を暗くて涼しい場所に置いてスタート。

11月10日
根っこが伸びてきました。
向こう側にチューリップが5個。
手前にムスカリが6個です。
チューリップとムスカリの水栽培1

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930