草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

ものすごく小さなニワゼキショウみたいな花の群生

小さなニワゼキショウみたいな花がたくさん咲いている場所を見つけました。まるで絨毯のように広がってとにかくとてもかわいらしいです。

こんなに背が低くて横に広がるタイプのニワゼキショウってあるのかしら?と思って調べてみました。

広告

ニワゼキショウに似た花

めちゃくちゃ小さいニワゼキショウみたいな花を発見。背も低いし花も小さい。シャープな花ビラの形と短い葉っぱミニサイズなんだけどキリリとしています。

花の大きさはオオイヌノフグリくらいだから5ミリ~1センチほど?ニワゼキショウというよりオオニワゼキショウ?いやいやそれよりも小さい感じ?

上から見ると

ものすごく小さいけれど花の感じがセキショウっぽい。5枚の花弁が星のように広がっています。キキョウソウの仲間かとも思いましたが、これはやっぱりセキショウに近いですよね。

葉っぱもニワゼキショウにそっくりです。

でも こんなに這うように広がっていくかな?

ニワゼキショウとオオニワゼキショウ

ニワゼキショウの仲間にオオニワゼキショウというのがあります。このふたつはとても良く似ています。

ニワゼキショウとオオニワゼキショウの違いは
⇒オオニワゼキショウの方が大きく育つ。高さは30㎝ほどになる。
⇒ニワゼキショウの方が花が大きい。高さは20㎝ほどにしかならない

と言われています。

けれど

大きく育つのはオオニワゼキショウの方だけれど 条件によってはニワゼキショウも大きく育つので大きさが変わらない場合もある

ニワゼキショウの花がオオニワゼキショウの花より一回りほど大きい。花の色も若干違う。果実の大きさも若干違う。というのが一般的だけれど、交雑種ができやすいので変種もあり見分けが付かない場合もあるということです。

多分だけれど、この公園では、雑草を低く刈り込む作業を常にしているんじゃないかと思います。なので本当は
「花は小さいけれど大きく育つ」はずのオオニワゼキショウが「花は小さいし大きくも育たない」状態になっているのかなと。

要するに全然「大」の要素がない「オオニワゼキショウ」なのかな?いや私の勘ですけど・・・。

新種のニワゼキショウ?かもとか

クリーピングニワゼキショウ?とか

思わずワクワクと思ったことは内緒です・・・。

小さなニワゼキショウの群生

謎の「小さなオオニワゼキショウみたいな花(?)」が どっさり咲いて

まるで 星のカーペット

写真を撮ったのは5月14日。場所は大分市の七瀬自然公園です。

他にも黄菖蒲とか

オオイヌノフグリのとか

レンゲとクローバーとか

トキワハゼとか

オオバコとか

小さな雑草がたくさんの公園です。

終わりに

低く刈り込むとこんな低い植物ばかりが元気に育つ?

とすると私がすることはただ一つ。

電動のスチール草刈り機の購入ボタンをポチすることではないのか?という結論に行きついたわけですが。

もう少し雑草を楽しみたいので 先送りしておきます。

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA