草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

CATEGORYその他の雑草

スギナとヨモギとドクダミの畑を作る

スギナとヨモギの駆除をしようと思っています。 でも 全部なくなるのも寂しいな、と思いつつ草むしりをしていたら 庭の一角に スギナとヨモギがきちんとお行儀よく陣取りをしていていましたので、その場所をとりあえずのスギナ&ヨモギ畑とすることにしました。 雑草くんたちの空気の読み方がすごくて ニヤニヤの日曜日です。

キュウリグサの由来と花の時期。

雑草の花って 小さかったり地味だったりします。 どのくらい小さいかというと とにかく「ものすごく小さい」。 遠視が入った管理人の目では 何の花なのか識別不能ってくらい小さい花。 小さい花は大好きなんだけど 識別できないから 記事が書けない。 そんな花のひとつキュウリグサを紹介します。

土筆のレシピ

土筆のレシピ 天ぷらと佃煮

ここ何日か 気温がぐっと上がって 雑草の春支度もスピードアップしています。気が付けば土筆もそろそろ終わり。 という事で、 先ほどあわてて庭の土筆を収穫してきました。 毎年恒例の土筆の天ぷらと佃煮を作りましたので、レシピを紹介します。

セイタカアワダチソウの花の時期。ブタクサやアキノキリンソウとの違い

草むしりをしていたら庭の隅っこにセイタカアワダチソウを発見しました。せっかくの機会ですのでセイタカアワダチソウをじっくり観察してみようと思います。 また秋に咲く黄色い花として 間違われることの多いブタクサ・オオブタクサとの見分け方も紹介します。

ワルナスビ

ワルナスビの特徴。繁殖力と駆除方法

「悪いナスビ」だから「ワルナスビ」。風情のないネーミングの植物ですね。 ワルナスビは、アメリカ原産のナス科の多年草で日本全国に分布しています。花も実も とってもかわいいんですが、なかなか手に負えないヤンチャっ子です。

カタバミの花はかわいいけれど 種がはじける前に除草

見つけたらすぐに抜く雑草ナンバーワン「カタバミ」。庭の片隅で育てたいくらいかわいらしいんだけど、繁殖力がハンパないので ひたすら駆除。 でも私がどんなに全力で駆除しても絶対になくならないことはわかっています。 果てしない果てしない カタバミとの戦いです。

マツヨイグサの開花時期と開花時間。種や苗の販売は?

マツヨイグサは夕方から朝にかけて咲く黄色い花です。春から夏に移り変わるころに花の数が増えてきますので、マツヨイグサが目立つようになると そろそろ暑くなるなあ、と思います。 草も花も野菜もグングンと背伸びをするように大きく育つ季節。庭も繊細な春の雑草から個性的でたくましい夏の雑草にと移り変わっていきます。

タチイヌノフグリの特徴。オオイヌノフグリとの違い

オオイヌノフグリに似ているけど、それよりもずっと花が小さくて、ひょろっと立ち上がっていたら「タチイヌノフグリ」。本当に小さな小さな花ですが、水色のかわいい花です。 目立たない花ですが なんとなく捨てがたいのでこれも庭の雑草畑で育ててみようと思います。

ヘビイチゴの盆栽

庭のヘビイチゴを鉢植えにしてみました。鉢植えと言うよりもコケを張って盆栽っぽくしてみました。 キチンと育ってくれるかな?花が咲いたらうれしい。実が成ったらもっとうれしい。たくさんだったらさらにうれしい。

ヒナキキョウソウとエゴノキ ピンクチャイム

ヒナキキョウソウの発見。葉っぱの形を見ればわかるはずなのに、毎年花が咲くまで気が付かない。 今年は これからかなり庭をいじる予定なのでヒナキキョウソウの種を庭の隅の安全地帯にばら撒くことにします

さらに記事を表示する