草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

TAG初夏と夏の雑草

スギナとヨモギとドクダミの畑を作る

スギナとヨモギの駆除をしようと思っています。 でも 全部なくなるのも寂しいな、と思いつつ草むしりをしていたら 庭の一角に スギナとヨモギがきちんとお行儀よく陣取りをしていていましたので、その場所をとりあえずのスギナ&ヨモギ畑とすることにしました。 雑草くんたちの空気の読み方がすごくて ニヤニヤの日曜日です。

ねじばな

ネジバナの特徴と似た花。育て方。

梅雨時期に芝生に咲くピンクのネジバナ。ひょろりとした細い茎ですが、強い雨にも負けずに真っ直ぐに立って可愛い花を咲かせています。 花の時期以外は うっかりその存在を忘れてしまうので、草むしりの時に他の草と一緒にむしってしまってると思うんですが、毎年かわいいピンクの花を咲かせてくれるのでホッとします。

ワルナスビ

ワルナスビの特徴。繁殖力と駆除方法

「悪いナスビ」だから「ワルナスビ」。風情のないネーミングの植物ですね。 ワルナスビは、アメリカ原産のナス科の多年草で日本全国に分布しています。花も実も とってもかわいいんですが、なかなか手に負えないヤンチャっ子です。

マツヨイグサの開花時期と開花時間。種や苗の販売は?

マツヨイグサは夕方から朝にかけて咲く黄色い花です。春から夏に移り変わるころに花の数が増えてきますので、マツヨイグサが目立つようになると そろそろ暑くなるなあ、と思います。 草も花も野菜もグングンと背伸びをするように大きく育つ季節。庭も繊細な春の雑草から個性的でたくましい夏の雑草にと移り変わっていきます。

タチイヌノフグリの特徴。オオイヌノフグリとの違い

オオイヌノフグリに似ているけど、それよりもずっと花が小さくて、ひょろっと立ち上がっていたら「タチイヌノフグリ」。本当に小さな小さな花ですが、水色のかわいい花です。 目立たない花ですが なんとなく捨てがたいのでこれも庭の雑草畑で育ててみようと思います。

チリアヤメの苗を鉢植えに。花の特徴と育て方

5㎝ほどの小さなアヤメ「チリアヤメ」をお隣さんからいただきました。花びらの鮮やかな紫色が とてもキレイで印象的です。 我が家のお花をもらってくれるのも嬉しいものですが、いただくのもまた嬉しい♪ 無事に大きくなってくれたら 寄せ植えを作ってみたいお花です

ヒナキキョウソウとエゴノキ ピンクチャイム

ヒナキキョウソウの発見。葉っぱの形を見ればわかるはずなのに、毎年花が咲くまで気が付かない。 今年は これからかなり庭をいじる予定なのでヒナキキョウソウの種を庭の隅の安全地帯にばら撒くことにします