草を育てる。草を飾る。草を食べる。色々している実験ブログです。

menu

庭の草で遊ぶ

ARCHIVEやよい

ナズナとエゴノキ

ナズナ タネツケバナ ハコベ。白くて小さな春の花の見分け方。

ナズナとタネツケバナ。そしてハコベ。 どれも春先に白い小さな花を咲かせる よく見かける雑草です。 よく道端に こんもりと茂っているのを見かけると思います。 今回は ナズナとタネツケバナとハコベの違いや特徴についてまとめてみました。

豚の角煮ふき味噌添え

ふきみその作り方。使い方。

春の山野草の風味って 独特の苦みがあって ご飯がすすみますよね。ちょっとした風味つけに便利だし。 今日は 道の駅で買ってきたふきのとうで ふき味噌を作ってみました。 ふき味噌のレシピを紹介します。 それと ご飯に添える以外の食べ方も合わせてどうぞです。

タネツケバナと春キャベツのサラダ

タネツケバナと春キャベツとマッシュルームで作る春のサラダ

食用になる雑草の中で 特におすすめなのがタネツケバナです。 タネツケバナは 庭や道端で ほとんど一年中見かける ごくごく普通の雑草です。特徴はナズナに似た白い花と 爪楊枝のように細長い緑色の果実。 今日は やわらかく瑞々しい春キャベツと一緒にサラダを作ってみました。

春の雑草で作ったアレンジメント

雑草とうさぎの置物で春のアレンジメントを作ってみた

春の雑草って繊細でかわいいですよね。 でも生命力は旺盛。放置しておくと あっという間に草だらけになってしまいます。 除草作業を始める前に少しだけ「今年最初の草」で遊ぼうと思って まずは うさぎさんと一緒に飾ってみました。

サフランティー

サフランの花の雌蕊を乾燥させて サフランティーにしてみた

この秋 サフランの花が咲いたら サフランティーを淹れてみようと思っていました。 どんな味なのか どんな香りなのか というか そもそも私にサフランティーの良さがわかるのか…と 一抹の不安を抱えながら サフランティーを飲んでみました。

雑草が生える時期。花の季節と増え方。

気が付けば草が生えている。 最初は雑草がないはずの場所でも 気が付いたら雑草だらけになったり キレイに除草したつもりなのに ひと雨降れば スギナやドクダミがはびこっていたり。 いったい どうして草が生えるのか いつごろから生えているのか。 雑草の一年をまとめました

モニラリア 魔玉 銀光玉 を種から育てる

楽天のショップでモニラリアという うさぎさんみたいな多肉植物を見かけて かわいかったので育ててみようと思って種を取り寄せてしまいました。一緒に銀光玉と魔玉も注文しました。 多肉は成長が遅いので 成長記録も このページの下にぼちぼちと書き加える形で更新していきます。 ゆっくりとお付き合いください。

ミニスイセンをハイドロボールで

水栽培 ミニスイセンをハイドロボールで

お隣さんからミニスイセンをいただいたので、株分けをしてみました。 小さな球根は庭植えにして 大きな球根は水栽培に。 せっかくの小さなスイセンなので 白いコーヒーカップなんかはどうだろう、と思い、 ハイドロボールを使って水栽培をしてみることにしました。

チューリップとムスカリの水栽培1

水栽培 原種チューリップとムスカリで和風に

チューリップとムスカリ。これ春の寄せ植えの定番ですね。 小さな原種系のチューリップとムスカリを和風寄せ植えっぽい水栽培にしてみようと思います。 使ったのは 家にあった花器と庭の砂利とミニタイプの球根です。和風、というよりロックガーデンな雰囲気になってしまうかもですね。

ヤブガラシを鉢植えにする

庭のいたるところから顔を出すヤブガラシを撲滅しようと思っているんですが、ナニゲにかわいい葉っぱなので、全くなくなってしまうのも惜しい感じがしています。 なので 鉢植えをひとつ作ってみました。 ヤブガラシは冬の間は地上部が枯れますので、来年 また芽吹いてくれたら成功ですね。 まずは一年目の経過報告です。

さらに記事を表示する
2019年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031