草を育てる。草を飾る。草を食べる。色々している実験ブログです。

menu

庭の草で遊ぶ

CATEGORY春の雑草

ナズナとエゴノキ

ナズナ タネツケバナ ハコベ。白くて小さな春の花の見分け方。

ナズナとタネツケバナ。そしてハコベ。 どれも春先に白い小さな花を咲かせる よく見かける雑草です。 よく道端に こんもりと茂っているのを見かけると思います。 今回は ナズナとタネツケバナとハコベの違いや特徴についてまとめてみました。

タネツケバナと春キャベツのサラダ

タネツケバナと春キャベツとマッシュルームで作る春のサラダ

食用になる雑草の中で 特におすすめなのがタネツケバナです。 タネツケバナは 庭や道端で ほとんど一年中見かける ごくごく普通の雑草です。特徴はナズナに似た白い花と 爪楊枝のように細長い緑色の果実。 今日は やわらかく瑞々しい春キャベツと一緒にサラダを作ってみました。

春の雑草で作ったアレンジメント

雑草とうさぎの置物で春のアレンジメントを作ってみた

春の雑草って繊細でかわいいですよね。 でも生命力は旺盛。放置しておくと あっという間に草だらけになってしまいます。 除草作業を始める前に少しだけ「今年最初の草」で遊ぼうと思って まずは うさぎさんと一緒に飾ってみました。

キュウリグサの由来と花の時期。

雑草の花って 小さかったり地味だったりします。 どのくらい小さいかというと とにかく「ものすごく小さい」。 遠視が入った管理人の目では 何の花なのか識別不能ってくらい小さい花。 小さい花は大好きなんだけど 識別できないから 記事が書けない。 そんな花のひとつキュウリグサを紹介します。

マツバウンランとジンガサゴケ

マツバウンランの芽。マツバウンランの一年。

今年の冬の寒さはかなりのもので雑草の芽も ほんの少しだけ動き出すのが遅いようでしたが、日中の温度が上がってきたら、今までの分を取り戻すイキオイで毎日グングン伸びています。 この春最初の雑草観察は マツバウンランから始めようと思います

タチイヌノフグリの特徴。オオイヌノフグリとの違い

オオイヌノフグリに似ているけど、それよりもずっと花が小さくて、ひょろっと立ち上がっていたら「タチイヌノフグリ」。本当に小さな小さな花ですが、水色のかわいい花です。 目立たない花ですが なんとなく捨てがたいのでこれも庭の雑草畑で育ててみようと思います。

ヒナキキョウソウとエゴノキ ピンクチャイム

ヒナキキョウソウの発見。葉っぱの形を見ればわかるはずなのに、毎年花が咲くまで気が付かない。 今年は これからかなり庭をいじる予定なのでヒナキキョウソウの種を庭の隅の安全地帯にばら撒くことにします

ヒメコバンソウの特徴。ドライフラワーを作ってみる

ヒメコバンソウは どこででも見かける普通の雑草です。穂は小さく地味だし。葉っぱも個性がない。 でもそれなりのに楽しめる雑草です。 まだ若いヒメコバンソウを庭で見つけましたのでドライフラワーに挑戦しようと思います

ナガミヒナゲシの毒性とアレロパシー。サーモンオレンジの花。

庭の片隅にナガミヒナゲシの花を発見。道端でよく見かける少しくすんだオレンジ色のポピーです。ひょろっと伸びた茎の上で 揺れる薄い花弁は儚げでとてもかわいい。 雑草ばかりのうちの庭ですがナガミヒナゲシは昨年までは咲いていませんでした。なので我が家の庭的には今年初登場の「新人さん」になります。

ニワゼキショウの花と種。ニワゼキショウをグランドカバーに

4月の終わり頃からニワセキショウの花が咲きます。ニワセキショウは日光があたると花が開き夕方にはしぼんでしまいます。 お庭で楽しむお花ですね。花後はすぐに種を作りますのでとても良く増えます。そして意外と大きな株に育ちます。 葉っぱが頑丈なのでグランドカバーとして使うこともできます

さらに記事を表示する
2019年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031