春の雑草

春の雑草

マツバウンラン ジンガサゴケ サギゴケ。「お帰りなさい」の春

4月中旬になるとマツバウンランのかわいい紫の花が風に揺れ始めます。 ジンガサゴケとサギゴケも戻ってきました。 庭の雑草の勢力図も少し変わってきて ニワゼキショウ、ヒメコバンソウ、アメリカフウロも元気な葉っぱをぐいぐいと伸ばし始めます。
春の雑草

カラスノエンドウに大量のアブラムシがいる

わが家の庭ではホトケノザやカラスノエンドウが大繁殖中。もちろん 通りがかりの空き地や道路脇でも ワサワサとよく茂っています。 その茎の一部分が やけに目立つ。 濃緑色になっていて 明らかに太い。 そう。 その原因は「大量のアブラムシ」
春の雑草

ナズナとタネツケバナ

ナズナとタネツケバナ。そしてハコベ。 どれも春先に白い小さな花を咲かせる よく見かける雑草です。 よく道端に こんもりと茂っているのを見かけると思います。 今回は ナズナとタネツケバナとハコベの違いや特徴についてまとめてみました。
春の雑草

雑草とうさぎの置物で春のアレンジメントを作ってみた

春の雑草って繊細でかわいいですよね。 でも生命力は旺盛。放置しておくと あっという間に草だらけになってしまいます。 除草作業を始める前に少しだけ「今年最初の草」で遊ぼうと思って まずは うさぎさんと一緒に飾ってみました。
春の雑草

キュウリグサの花とメガネルーペ

雑草の花って 小さかったり地味だったりします。 どのくらい小さいかというと とにかく「ものすごく小さい」。 遠視が入った管理人の目では 何の花なのか識別不能ってくらい小さい花。 小さい花は大好きなんだけど 識別できないから 記事が書けない。 そんな花のひとつキュウリグサを紹介します。
春の雑草

ジンガサゴケの傘。ジンガサゴケの盆栽

草むしりをしていたらジンガサゴケの傘を発見(*^_^*) 可愛いですよね~ でも、これがあるということは この後 コケが大量発生する予感… すると 他の花が育たなくなります。 というか 昨年まで ここはサギゴケさんの場所だったんですが、なんだかいろんな苔だらけになっているし。 昨年の秋に雨が多かったせいだと思いますが これ以上手に負えなくなると困るので、ここのコケ類は全て除去しようと思います。
春の雑草

マツバウンランの芽。マツバウンランの一年。

今年の冬の寒さはかなりのもので雑草の芽も ほんの少しだけ動き出すのが遅いようでしたが、日中の温度が上がってきたら、今までの分を取り戻すイキオイで毎日グングン伸びています。 この春最初の雑草観察は マツバウンランから始めようと思います
春の雑草

タチイヌノフグリの特徴。オオイヌノフグリとの違い

オオイヌノフグリに似ているけど、それよりもずっと花が小さくて、ひょろっと立ち上がっていたら「タチイヌノフグリ」。本当に小さな小さな花ですが、水色のかわいい花です。 目立たない花ですが なんとなく捨てがたいのでこれも庭の雑草畑で育ててみようと思います。
春の雑草

ヒナキキョウソウとエゴノキ ピンクチャイム

ヒナキキョウソウの発見。葉っぱの形を見ればわかるはずなのに、毎年花が咲くまで気が付かない。 今年は これからかなり庭をいじる予定なのでヒナキキョウソウの種を庭の隅の安全地帯にばら撒くことにします
春の雑草

ヒメコバンソウの穂の特徴

ヒメコバンソウは どこででも見かける普通の雑草です。穂は小さく地味だし。葉っぱも個性がない。 でもそれなりのに楽しめる雑草です。 まだ若いヒメコバンソウを庭で見つけましたのでドライフラワーに挑戦しようと思います
タイトルとURLをコピーしました