庭の草

春の雑草

マツバウンラン ジンガサゴケ サギゴケ。「お帰りなさい」の春

4月中旬になるとマツバウンランのかわいい紫の花が風に揺れ始めます。 ジンガサゴケとサギゴケも戻ってきました。 庭の雑草の勢力図も少し変わってきて ニワゼキショウ、ヒメコバンソウ、アメリカフウロも元気な葉っぱをぐいぐいと伸ばし始めます。
宿根草と二年生の雑草

スギナとツクシの関係。スギナを使った遊び。

今年は スギナが少なくて。これはこれで寂しいものです。 うちのスギナが減ってきてるのは 私が四六時中庭を掘り返しては 雑草をアッチコッチに運んでいるせいかもしれないです。だって除草剤も何も使ってませんし。お天気もよくて 他の雑草が元気に育ってますし。 今日は なんだか心もとなくなったスギナさんの観察と昔懐かしい遊びの紹介をしようかな、と思います。
宿根草と二年生の雑草

スギナを食べる

今日の雑草料理~。ツクシは桜の花が咲くころになると ひょろひょろと伸びて 食指が動かなくなります。でも このタイミングで出てくるスギナは食べごろです。今日は スギナの天ぷらを作りました。 ご飯のおかず、というよりも 旬の珍味(?)みたいな感覚のちょっと変な春の一品です。
春の雑草

カラスノエンドウに大量のアブラムシがいる

わが家の庭ではホトケノザやカラスノエンドウが大繁殖中。もちろん 通りがかりの空き地や道路脇でも ワサワサとよく茂っています。 その茎の一部分が やけに目立つ。 濃緑色になっていて 明らかに太い。 そう。 その原因は「大量のアブラムシ」
春の雑草

ナズナとタネツケバナ

ナズナとタネツケバナ。そしてハコベ。 どれも春先に白い小さな花を咲かせる よく見かける雑草です。 よく道端に こんもりと茂っているのを見かけると思います。 今回は ナズナとタネツケバナとハコベの違いや特徴についてまとめてみました。
春の雑草

雑草とうさぎの置物で春のアレンジメントを作ってみた

春の雑草って繊細でかわいいですよね。 でも生命力は旺盛。放置しておくと あっという間に草だらけになってしまいます。 除草作業を始める前に少しだけ「今年最初の草」で遊ぼうと思って まずは うさぎさんと一緒に飾ってみました。
宿根草と二年生の雑草

ヤブガラシを鉢植えにする

庭のいたるところから顔を出すヤブガラシを撲滅しようと思っているんですが、ナニゲにかわいい葉っぱなので、全くなくなってしまうのも惜しい感じがしています。 なので 鉢植えをひとつ作ってみました。 ヤブガラシは冬の間は地上部が枯れますので、来年 また芽吹いてくれたら成功ですね。 まずは一年目の経過報告です。
宿根草と二年生の雑草

スギナとヨモギとドクダミの畑を作る

スギナとヨモギの駆除をしようと思っています。 でも 全部なくなるのも寂しいな、と思いつつ草むしりをしていたら 庭の一角に スギナとヨモギがきちんとお行儀よく陣取りをしていていましたので、その場所をとりあえずのスギナ&ヨモギ畑とすることにしました。 雑草くんたちの空気の読み方がすごくて ニヤニヤの日曜日です。
春の雑草

キュウリグサの花とメガネルーペ

雑草の花って 小さかったり地味だったりします。 どのくらい小さいかというと とにかく「ものすごく小さい」。 遠視が入った管理人の目では 何の花なのか識別不能ってくらい小さい花。 小さい花は大好きなんだけど 識別できないから 記事が書けない。 そんな花のひとつキュウリグサを紹介します。
春の雑草

ジンガサゴケの傘。ジンガサゴケの盆栽

草むしりをしていたらジンガサゴケの傘を発見(*^_^*) 可愛いですよね~ でも、これがあるということは この後 コケが大量発生する予感… すると 他の花が育たなくなります。 というか 昨年まで ここはサギゴケさんの場所だったんですが、なんだかいろんな苔だらけになっているし。 昨年の秋に雨が多かったせいだと思いますが これ以上手に負えなくなると困るので、ここのコケ類は全て除去しようと思います。