雑草のドライフラワー

スイバのドライフラワー

スイバの名前の由来は「葉っぱを噛むと酸っぱいから」。 雄花と雌花があり 雌花の方が赤みが強い緑色です。花後の果実も個性的で面白い形です。今回は花が終わるころのスイバでドライフラワーを作ってみました。 意外と華やかで繊細なドライフラワーになりました
雑草のドライフラワー

ニワゼキショウのドライフラワー

ニワゼキショウの実でドライフラワーを作りました。てっぺんについているコロコロの丸い実がかわいいです。ニワゼキショウの種の季節は5月ごろからです。作り方も簡単で 短期間でドライになります。道端やお庭にニワゼキショウがあったら作ってみませんか。
グランドカバー

ドクダミのグランドカバー

くさいし、繁殖力が旺盛だし、根っこが深いから草むしりが大変だし。。。なドクダミですが、私は庭木の根〆に使っています。 梅雨時期に咲く白い花は とてもキレイだし、その前にできる丸いつぼみの愛らしいこと。 とにかく画像で見てくださいませ!
イネ科

スズメノカタビラとカゼクサの盆栽

芝生の迷惑雑草のひとつ「スズメノカタビラ」と 道端や空き地の常連「カゼクサ」。どっちも普通の地味な雑草です。 けれど地味な雑草でも それなりに遊べてしまいます。 今日は スズメノカタビラとカゼクサの観察をして ついでに イキオイで盆栽も作りました。
雑草のドライフラワー

ヒメコバンソウのドライフラワー

春先から初夏にかけて 小さなかわいい三角形の穂をのぞかせるヒメコバンソウ。 ものすごく簡単にドライフラワーになるし、飾りやすいし、他のお花とも合わせやすいし。とホントにすぐれものです。 ヒメコバンソウのドライフラワーを作って 前回のハハコグサと一緒に飾ってみました。
雑草のドライフラワー

ハハコグサのドライフラワー

ハハコグサをドライフラワーにしてみました。 黄色くフワフワとした花。白いうぶ毛におおわれた流線型の葉っぱ。ハハコグサは ちょっと個性的ですね。 そのままでもがかわいいけれど ドライフラワーにしたものを飾ってもかわいいです。
春の雑草

マツバウンラン ジンガサゴケ サギゴケ。「お帰りなさい」の春

4月中旬になるとマツバウンランのかわいい紫の花が風に揺れ始めます。 ジンガサゴケとサギゴケも戻ってきました。 庭の雑草の勢力図も少し変わってきて ニワゼキショウ、ヒメコバンソウ、アメリカフウロも元気な葉っぱをぐいぐいと伸ばし始めます。
ハロウィンパンプキンとおもちゃかぼちゃ

楽天のIvyで おもちゃかぼちゃの種を買ったレビュー

楽天には 大好きなショップさんがいくつかあるんですが、Ivy さんも その中のひとつ。 以前も 他の記事で「こちらのショップさんなら間違いないです」って書いたことがあるんですが、今回は どんな風に種が贈られてくるのか(あ、打ち間違いではないです。ほんとにそんな感じなので)をレビューさせていただきます!
雑草を食べる

ツワブキのあく抜き方法と煮物のレシピ

今日は庭のツワブキを収穫。冷蔵庫の有り合わせの食材と一緒に煮物にしました。 ツワブキは 皮をむいて あく抜きをしたら 後は味を付けるだけ。意外と簡単に料理ができます。 ほんの少しですが これも季節のお料理(しかも無料♪)
宿根草と二年生の雑草

スギナとツクシの関係。スギナを使った遊び。

今年は スギナが少なくて。これはこれで寂しいものです。 うちのスギナが減ってきてるのは 私が四六時中庭を掘り返しては 雑草をアッチコッチに運んでいるせいかもしれないです。だって除草剤も何も使ってませんし。お天気もよくて 他の雑草が元気に育ってますし。 今日は なんだか心もとなくなったスギナさんの観察と昔懐かしい遊びの紹介をしようかな、と思います。