草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

LATEST ENTRIES

マツバウンランとジンガサゴケ

マツバウンランの芽。マツバウンランの一年。

今年の冬の寒さはかなりのもので雑草の芽も ほんの少しだけ動き出すのが遅いようでしたが、日中の温度が上がってきたら、今までの分を取り戻すイキオイで毎日グングン伸びています。 この春最初の雑草観察は マツバウンランから始めようと思います

八坂神社叢雲の松

大分県日田市 八坂神社 叢雲の松(むらくものまつ)

先日大分県日田市に遊びに行きました。地元の知り合いに案内されて日田祇園山鉾会館に寄りましたが その時に 会館の真向いの八坂神社で見た松の木がかなり印象的でした。 今回は その松の木の話と日田観光の話、買って帰ったお土産の話などをしようと思います。

芝生の雑草リスト

芝生って油断していると雑草だらけになりますよね。イネ科の雑草は元気者が多いし、地面を這うツメクサ・チドメグサは草むしりしにくいし、チガヤ・スギナ・ドクダミは根っこが残ってしまうし・・・。 わが家の芝生で見かける雑草たちをまとめました。

カヤツリグサ コゴメガヤツリ チャガヤツリ

カヤツリグサ。 小穂(花序)が四方に散らばってついている様子は、パチパチとはじける線香花火のよう。 子どもが小さいころは、カヤツリグサを手に持って「花火~」と言って庭を走り回っていたものです。 時にわんさかと大増殖しますが、なんだか憎めない雑草です

秋のメヒシバ

オヒシバとメヒシバの見分け方。芝生での根の張り方。

雑草に埋もれた芝生。 その芝生の雑草たちをひとつひとつ紹介していきたいと思います。 まず最初は、「シバ」って名前だけど「芝生」ではない「オヒシバ」と「メヒシバ」から始めます。

セイタカアワダチソウの花の時期。ブタクサやアキノキリンソウとの違い

草むしりをしていたら庭の隅っこにセイタカアワダチソウを発見しました。せっかくの機会ですのでセイタカアワダチソウをじっくり観察してみようと思います。 また秋に咲く黄色い花として 間違われることの多いブタクサ・オオブタクサとの見分け方も紹介します。

ヒメイワダレソウと雑草

ヒメイワダレソウと雑草。芽吹きの頃と夏。囲い込みの方法

ヒメイワダレソウの春と夏の様子、他の植物の邪魔にならないように囲い込みんでする方法、根っこや踏みつけられた場所の画像などをまとめました。ヒメイワダレソウはガーデニングするときの下草や雑草対策にも便利で使い勝手がよくてかわいいグランドカバーです。

満開のリッピア

ヒメイワダレソウの特徴と栽培方法。種類。

ヒメイワダレソウは 良く広がり、白い可愛い花を咲かせる植物です。性質も強く手間がかからないためグランドカバーとしてよく使われます。 ものすごい猛暑でも白いかわいい花をたくさん咲かせてくれているのは嬉しいものです。 ヒメイワダレソウの特徴と栽培方法、ヒメイワダレソウの種類などについてまとめました。

ザバーンが劣化したらどうなる?太陽光の影響は?カビは生える?

我が家の庭にザバーン125bbと240bbをむき出しで置いている場所があります。でもさすがに6~7年もたつと色々と様子が変わってきています。 何年も放置しておくとどういう風に劣化するのか。雑草に対しての効果は変わるのか。コケなどは生えてくるのか。などについて画像と一緒にご紹介します。

ザバーン設置のメリット&デメリット

我が家がザバーンを敷いているのは庭だけです。なので駐車場に敷いたらどうなるか、はわかりません。庭限定での使用感について便利な点や困った点、ザバーンを敷いて気が付いたことを思いつく限り書いていこうと思います。 ザバーンに関する小ネタです。

さらに記事を表示する
2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031