タチイヌノフグリの特徴。オオイヌノフグリとの違い

春の雑草

オオイヌノフグリに似ているけど、それよりもずっと花が小さくて、ひょろっと立ち上がっていたら「タチイヌノフグリ」。本当に小さな小さな花ですが、水色のかわいい花です。

目立たない花ですが なんとなく捨てがたいのでこれも庭の雑草畑で育ててみようと思います。

スポンサーリンク

タチイヌノフグリの花の特徴


庭に咲いていたタチイヌノフグリです。本当にミニサイズの花です。密植しても見栄えはしそうにありませんが、かわいいので「お気に入り」に追加しておきます。

タチイヌノフグリは 30㎝~50センチほどの細い茎を立ち上げて水色の小さな花を咲かせます。ボールペンの先と花の大きさを比べてみています。

小さい小さい・・・

花時期は4月から梅雨前くらいまでです。

タチイヌノフグリの葉と根

タチイヌノフグリの葉は上の方と下の方で形が違います

上の方は 細い流線型

下の方は 平べったい卵型で、周囲はデコボコしていますです。

根っこはそんなに張りませんので、引っこ抜くのは簡単です。

タチイヌノフグリとオオイヌオフグリの違い

タチイヌノフグリはオオバコ科。小さな水色の花をつけるオオイヌノフグリの仲間です。

オオイヌノフグリの仲間には他にイヌノフグリやフラサバソウがあります。

見分け方は簡単でほかの3種は匍匐して地面を這いますが、ひょろっと立ち上がるのは「タチイヌノフグリ」だけです

イヌノフグリは もともとの在来種で絶滅危惧種で 目にする機会もあまりないと思います。

残りのオオイヌノフグリとフラサバソウの違いは「花の大きさ」。通常のオオイヌノフグリの花の大きさは5ミリくらいですが、フラサバソウはそれよりももっと小さいです。

タチイヌノフグリの花びらの形はオオイヌノフグリよりも、形がシャープです。オオイヌノフグリの方が丸っこい花びらの形をしています。

下がオオイヌノフグリの花です。

こちらがタチイヌノフグリ

でも このサイズで「キリリとシャープ」を言っても ぶっちゃけわかりません。特に私のように遠視が入っちゃうと 花ビラの枚数も確認できません。さらにタチイヌノフグリの花は 葉っぱの中に埋もれるように咲いているので 本当に目立ちません。

なんだかわかんないけど

多分水色の小さな花が

咲いているっぽく見える

くらいの感じです。

庭に頻繁に出ていないと存在しているのかも分からないまま花の季節が終わったりします。

もう一度サックリと違いをまとめておきますね

タチイヌノフグリ・・・立ち上がる。花がものすごく小さい
オオイヌノフグリ・・・匍匐する。花の大きさは5ミリくらい
フラサバソウ・・・匍匐する。花がものすごく小さい
イヌノフグリ・・・絶滅危惧種なので見る機会はほとんどない
ナズナとタネツケバナ
ナズナとタネツケバナ。 どちらも春先に白い小さな花を咲かせる よく見かける雑草です。 よく道端に こんもりと茂っているのを見かけると思います。 今回は ナズナとタネツケバナの違いや利用方法、特徴についてまとめてみました。
キュウリグサの花とメガネルーペ
雑草の花って 小さかったり地味だったりします。 どのくらい小さいかというと とにかく「ものすごく小さい」。 遠視が入った管理人の目では 何の花なのか識別不能ってくらい小さい花。 小さい花は大好きなんだけど 識別できないから 記事が書けない。 そんな花のひとつキュウリグサを紹介します。

おわりに

好きな花を残して草むしりをするようにしているんですが。このタチイヌノフグリって 本当に花が小さいので、いつもうっかり草むしりしてしまって、いつの間にか消えてしまいます。

それでも種はきちんと残してくれているようで毎年けなげに咲いてくれます。小さな花、やっぱりかわいいです(*^_^*)

コメント