草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

ヒメコバンソウの特徴。ドライフラワーを作ってみる

ヒメコバンソウは どこででも見かける普通の雑草です。穂は小さく地味だし。葉っぱも個性がない。

でもそれなりのに楽しめる雑草です。

まだ若いヒメコバンソウを庭で見つけましたのでドライフラワーに挑戦しようと思います。

広告

ヒメコバンソウの特徴

朝からの雨が小降りになったので少しだけ庭に出ることにしました。天気が悪い日は 雑草の花はほとんど咲かないのでカメラを持っていても仕方ないんですが、なんとなくカメラ持参です。

すると、日ごろ気が付かない草を発見。

ヒメコバンソウです。どこにでもある雑草。雑草の中の雑草。

要するに

ザ・雑草

・・・みたいな。

雨が降っているので引っこ抜いてパーツごとの撮影会は家ですることにしました。

ヒメコバンソウの穂

ヒメコバンソウはイネ科コバンソウ属。コバンソウやニセコバンソウの仲間です。「コバンソウ」より小さいから「ヒメコバンソウ」ですね。ものすごく小さな穂は濃い緑と薄い緑のツートンカラーで穂の形は三角形か三角に近いひし形。

いやいやいや

なかなか かわいいですよね?

今の時期は 恥ずかしげに葉っぱの中に入っていますが、だんだんと外に出てきて、色も黄金色に変わってきます。ごくごく細い茎の先で揺れる様子はカスミ草のようです。

穂以外の部分も見ていきます。

ヒメコバンソウの根


ごく普通のイネ科の根です。小さい時には簡単に引き抜くことができます。

ヒメコバンソウの葉


こちらも普通のイネ科の葉です。細長い流線型で縦に何本もの筋が入っています。

一番上の葉っぱと花の部分を引っ張ると簡単に抜くことができます。

ヒメコバンソウをドライフラワーに

私が今持っている何冊かの押し花の本やドライフラワーの本には「コバンソウ」については書かれていますが「ヒメコバンソウ」が載っていないんです。たまたまのっていないだけなのか。ヒメコバンソウが押し花やドライフラワーの向いていないのか。ちなみに普通のコバンソウは押し花にすると面白いようです。

うーん

いいや とにかくやってみよう!

ということで このヒメコバンソウをドライフラワーにすることに。

まず 葉っぱを全部取る!

取らなくてもいいかもなんですが。せっかくだからヒメコバンソウの穂が目立った方がいいような気がしたので。

並べてみる!

糸のように細い茎は 案外しっかりと固くて ちょっとビックリ。それに パックされているように お行儀よくまとまってくれています。なんていい子たちなんでしょう。

麻ひもでくくって下げる!

輪ゴムで結ぶと折れてしまいそうだったので麻ひもでゆるめにまとめました。でも ほそーーーいヒメコバンソウの茎は 麻ひもではなく「糸」でよかったような気がします。そのうち何本かが抜け落ちてきそうな予感がします。

おわりに

今日は雨なので、壁に張っていますが、光の当たらない場所で できるだけ短時間で乾燥させるのがドライフラワーを作りのコツなので

家の中をさんざんさまよっって それらしい場所を探しましたが

見つからなかったので

部屋の遮光カーテンを閉めてエアコンのドライとか?

いやいや 雑草にそこまでしないよね?

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA