ヒメコバンソウのドライフラワー

ドライフラワーにしたヒメコバンソウ雑草のドライフラワー

春先から初夏にかけて 小さなかわいい三角形の穂をのぞかせるヒメコバンソウ。ものすごく簡単にドライフラワーになるし、飾りやすいし、他のお花とも合わせやすいし。とホントにすぐれものです。

ヒメコバンソウのドライフラワーを作って 前回のハハコグサと一緒に飾ってみました。

ヒメコバンソウのドライフラワーを作る

一昨年からヒメコバンソウを一か所にまとめてるんですけど…なぜか、というか当然というか 庭のあちこちにヒメコバンソウが♪

多分 これから梅雨時期まで ヒメコバンソウは収穫し放題です。

ヒメコバンソウの穂の特徴
ヒメコバンソウは どこででも見かける普通の雑草です。穂は小さく地味だし。葉っぱも個性がない。 でも 小さな穂は よく見ると とてもかわいい形と色をしています。 まだ若いヒメコバンソウを庭で見つけましたのでじっくり見てみようと思います。

 

こちらは庭から集めてきたヒメコバンソウです。
ヒメコバンソウ
 

ドライフラワーにするには…
好きな長さにカットして、葉っぱを取り除きます
ヒメコバンソウの葉を取る
 

最後の葉っぱは爪で切れ目を入れるようにして取ります。
ヒメコバンソウの葉を取る
 

すると ヒメコバンソウの穂が出てきます。
糸のように細い茎ですが、とても固くてしっかりとしています。
 

チャンとお行儀よく一束にまとまっているので そのままどこかに引っ掛けておけば 一週間後にはドライフラワーになっています。
ヒメコバンソウの穂
 

採ってきたヒメコバンソウを全部ドライ用に準備しました。
ヒメコバンソウの穂を並べる
 

私はイネ科の葉っぱが好きなので少しだけ残していますが、ここはお好みでどうぞ♪

5日後です。
ドライフラワーになったヒメコバンソウ

天気や気温にもよりますが1週間もすれば大体ドライフラワーになります。

色は 最初よりも少しシックになっていますが、それ以上は色あせません。落ち着いた薄い緑色をキープします。

ヒメコバンソウのドライフラワーを飾る

前回 ハハコグサのドライフラワーを作ったので そちらと一緒に飾ってみました。

葉っぱを落としたハハコグサと一緒にグラスに入れてます。グラスと透明の色紙は100均です。
ハハコグサとヒメコバンソウのドライフラワー
なんとなく 生花でいうならカスミソウとかレースフラワーとか、そんな雰囲気がありませんか?

地味だけど

しっかり引き立て役してます

みたいな。
 

こちらは葉っぱのついているハハコグサのドライフラワーと一緒にフレームに飾りました。
ヒメコバンソウのドライふラワーを飾る
ヒメコバンソウがしっかりと

野草だよ!

園芸種じゃないよ!

はっきり言って雑草だよ!

って雰囲気を演出しているような気がします。

ええ。単に私の思い込みなんですけどね(*^_^*)
 

ハハコグサのドライフラワー
ハハコグサをドライフラワーにしてみました。 黄色くフワフワとした花。白いうぶ毛におおわれた流線型の葉っぱ。ハハコグサは ちょっと個性的ですね。 そのままでもがかわいいけれど ドライフラワーにしたものを飾ってもかわいいです。

おわりに

さて。

ハハコグサとヒメコバンソウを飾ったあと 左側が開いてしまいました。

何のドライを作ろうかしら、と庭をウロウロ。

チチコグサかナズナかなあ。雰囲気的にナズナかなあ。

ということで ただ今ナズナをドライにしています。この後 多分左に並ぶと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました