草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

サフランの花をそのまま水なしで咲かせてみる

ゴールデンウィークにサフランの球根を買いました。

サフランはテーブルの上にそのまま置いておくだけで お花が咲きますので、このままお花を咲かせてみようと思います。

お花が咲いたら雌蕊を採ってサフランライスができる!

結局は食べることにばかり執着している管理人です。

サフランの球根を買いました。

ゴールデンウィークのドライブ中に 大分県竹田市の「道の駅すごう」でサフランの球根を買いました。

これ!
↓ ↓ ↓ ↓
サフランの球根

袋から出してみます
サフランの球根が21コ
…なぜか21コ。

こういうのってキリが悪い数字だと
なんだか 微笑ましい感じがしませんか?

どうして21コなんだろ?って

いや いや もちろん21コでも良いんですけどね(*^_^*)

で。

このサフランの球根
21コ入りで420円!

安い!

しかも立派!

竹田市のホームページによると
竹田市は明治36年ごろにサフランの栽培を始めて
今では日本一の生産量があるんだそうです。

うん。うん。
そりゃ安いよね!

「球根の保存方法」と書かれた説明書がついているので読んでみます。

高さ7センチ位の箱の中に球根を並べて
風通しの良い薄暗い場所に置き
芽の出るのを待つ。

9月下旬頃から芽が出始め、10月下旬頃には
10cmほど伸びて開花が始まる。

花は球根を抑えて引き抜き
雌蕊を乾燥させる。

※球根には一切水を与えないこと

サフランの育て方

ということで説明書の通りに

深さ7センチの箱に入れねば…と部屋をしばしさまよいます。

箱の中のサフランの球根
これ…9㎝くらいだけどサフランさんは怒らないだろーか。

で。
このまま薄暗い場所に放置ですね。

そしたら。
秋にはサフランライスですねっ。

ということで この記事の続きは9月下旬になります。

広告

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA