草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

満開のリッピア

ヒメイワダレソウは 良く広がり、白い可愛い花を咲かせる植物です。性質も強く手間がかからないためグランドカバーとしてよく使われます。

ものすごい猛暑でも白いかわいい花をたくさん咲かせてくれているのは嬉しいものです。

ヒメイワダレソウの特徴と栽培方法、ヒメイワダレソウの種類などについてまとめました。

広告

ヒメイワダレソウの特徴

最初にヒメイワダレソウの特徴をざっくりと紹介します。

ヒメイワダレソウの花時期は?

ヒメイワダレソウの花時期は4月~9月くらいです。
白い小さな花が咲きます。
踏みつけている場所では花は咲かなくなります。

ヒメイワダレソウの草丈は?

ヒメイワダレソウは自然に茂っている部分では背丈が15cmくらいになります。
踏みつけに弱く いつも踏みつけている場所ではほとんど高さがない、というか地面を這っているような感じになります。

日当たりは?

日陰では成長が悪く、株が広がりません。
花もあまり咲きません。
ただの雑草みたいになってしまいます。

夏の暑いのも 乾燥しているのも平気な子ですので お日様がたくさん当たる場所で育ててください。

ヒメイワダレソウの栽培方法

次にヒメイワダレソウの育て方をご紹介します。

ヒメイワダレソウの植え付け方

日光が良く当たる場所なら土質は選びません。
真砂土でも砂利でも防草シートの上でもコンクリートの上でも大丈夫です。ドンドンと匍匐して広がっていきます。

広がるスピードが速いので苗を植え付けるときは50㎝くらいの間隔をあけるようにしてくださいね。

ヒメイワダレソウのお手入れは?

庭植えの場合は 基本的に水やりも肥料も必用ないです。猛暑でカラカラに(というかカサカサに)乾いているようでしたら水遣りをしてください。

病気も害虫もほとんどありません。放置で大丈夫です。

冬の管理は

ヒメイワダレソウは冬の間は地上部が枯れてなくなってしまいます。もちろん そのまま放置で大丈夫です。翌年の春になったら また元気に芽を出して、お庭いっぱいに広がります。

ヒメイワダレソウの増やし方は?

冬と猛暑の時期をのぞけば、いつでも株分けで増やすことができます。あまり気を遣わずに根っこがついている茎を引っこ抜いて別の場所に植えればいいだけです。

逆に ヒメイワダレソウを引っこ抜いたままにしておくと、そこから成長していきますので、不要なものは 必ずゴミに捨ててください。

ヒメイワダレソウの仲間

ヒメイワダレソウの仲間を紹介します。

イワダレソウ

日本に昔からある自生種で海岸などで見られます。 花の集まっている部分はワレモコウのような楕円の形になります。とても丈夫ですが密植しないのでグランドカバーには向きません。

ヒメイワダレソウ

南米産の常緑の多年草、となっていますが冬は地上部は枯れて春になるとまた芽吹きます。春の芽吹きが遅いのが難点です。ヒメイワダレソウが咲きそろう前に春の雑草が生えてきます。
別名「リピア」「リピアカネスケンス」
花色は白、桃色、中間色。
開花期は4月~11月。

クラピア

イワダレソウやヒメイワダレソウを業務用に改良したものがクラピアです。

クラピアS1
  イワダレソウの改良品種。白花。生長が早い

クラピアK5
クラピアS1をベースにヒメイワダレソウと交雑したものがクラピアK5になります。耐寒性があり病気に強い性質です。

◆我が家のヒメイワダレソウの画像です
>>ヒメイワダレソウと雑草。芽吹きの頃と夏。囲い込みの方法

おわりに

強い。とにかく強いヒメイワダレソウ。

小さな花には夏の間中、蝶や蜂が舞い、なんだか人が近づいてはイケナイ雰囲気をかもしています・・・というか猛暑の季節。窓越しで充分。庭には出たくないです。

おかげさまで ヒメイワダレソウが死守してくれている場所は草ぼうぼうにならずにすんでいます。

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA