ヘビイチゴの花と果実。ヘビイチゴのグランドカバー

ヘビイチゴの実グランドカバー

子供のころ通学の途中で摘んでは食べていたヘビイチゴが庭に自生しています。勝手気ままに庭中を這いまわるので手を焼いていますが、赤い小さな実が可愛いので 完全に駆除してしまうのはもったいなくて ついつい見逃してしまいます。

どんなに踏んでも全く平気なとても強い草です。

ヘビイチゴの花

ヘビイチゴの花は黄色。5枚の花弁が星のようです。
ヘビイチゴの花
花の時期は4月頃から。 やわらかい明るい色の葉っぱとキラキラとした明るい色の花は 暖かい日差しの中でまぶしく光ります。4月の中ごろから赤い実が目立つようになってきます。

ヘビイチゴの果実

ヘビイチゴの果実
赤くて丸い1センチほどのヘビイチゴの実。子供のころ道草ついでに食べていた実ですが 今食べてもたいして美味しいものではありません。

なので もっぱらかわいい赤い実は「観賞用」です。

ヘビイチゴのグランドカバー

雑草の中にも強いものと繊細なものがあります。

ヨモギやスギナは強い雑草になると思いますが
ヘビイチゴとヨモギ
ヘビイチゴ負けていません。

ヨモギ・スギナ・ハコベ・カラスノエンドウアメリカフウロなどのコワモテさんの下でしたたかに匍匐前進しています。

日当たりのいい場所でも 他の植物の影の下でも あまり関係なく花を咲かせ実を結びます。土質も選びませんし、ガンガン踏まれても全然影響がないです。

こんなに庭に繁殖するんだし。花も実もかわいいし。グランドカバーに使ったらいいんじゃないだろうか、と思ったのは2年ほど前です。ヘビイチゴを残すようにして草むしりをしたらヘビイチゴがグランドカバーになるような気がしたんですが・・・
ヘビイチゴのグランドカバー
意外とスカスカ…

茂ってほしい場所はスカスカなんですが、ヘビイチゴはランナーと種で繁殖するので、 好き勝手にアチコチに繁殖していくので 手間がかかります。想像以上に使えないコです。

なので、今はセダムと一緒の場所に植えてセダムの飾りをしてもらっています。
セダムとヘビイチゴ
今年 手を入れてヘビイチゴをもう少し密植させようと思っています。
 

ヘビイチゴのその後

 

ヘビイチゴの盆栽を作りました

おわりに

人間的には美味しくないけれど とにかく可愛いヘビイチゴ♪
その赤い実の可愛さに 踏んで歩くのもかわいそうで 草むしりをおざなりにしておくと案の定 ヘビイチゴの隙間からスギナやヤブガラシがガンガンとはえてきます。全く油断なりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました