ハハコグサのドライフラワー

ハハコグサの壁飾り雑草のドライフラワー

ハハコグサをドライフラワーにしてみました。

黄色くフワフワとした花。白いうぶ毛におおわれた流線型の葉っぱ。ハハコグサは ちょっと個性的ですね。

そのままでもがかわいいけれど ドライフラワーにしたものを飾ってもかわいいです。

ハハコグサのドライフラワーを葉っぱ付きで作る

4月になると 庭の彼方此方でハハコグサの花が咲きはじめます。

その中の一本を根っこごとドライフラワーにしてみました
ハハコグサを株ごとドライフラワーにする
結構ワイルドな感じが…

もともとハハコグサの葉は細かい産毛があって 白っぽい感じなんですが、さらに白い感じが増してますね。
ハハコグサの葉

ドライフラワーにする前との色の違いはこんな感じです。
ハハコグサの葉っぱの色の変化

これはこれで面白いと思うんですが、ちょっと飾りにくいので やっぱり根っこを落とします。ついでに 長さをそろえて変色した葉っぱも落としてしまいます。
ハハコグサのドライフラワーの長さをそろえる

正面からのアップ♪
ハハコグサのドライフラワー
葉っぱが お花を包み込むような感じで かわいいですよね。

お花がなければダスティミラー(白妙菊)のドライフラワーそっくりだし。でも黄色のお花があるから、むしろハハコグサの方が明るい印象ですよね。ハハコグサの葉っぱもお花も「いい仕事」してます。

ハハコグサのドライフラワーを飾る

このハハコグサのドライフラワーをグリーンの紙ひも(100均)で縛って
ハハコグサのドライフラワー

額縁に布をかけて飾ってみました。
子どもが昔 ジブリのジグゾーパズルをしていた時に使っていたものです。
ハハコグサのドライフラワーを飾る
取り急ぎの紐!
取り急ぎの額縁に取り急ぎの布!
布にアイロンさえ当ててない!
と、なんだか見苦しい写真で申し訳ありません

もう少し違う感じの布にした方がいいのか
そもそも布を一度洗ってアイロンをかけるべきなのか。

うーん。でも 時間をかけるの嫌いだから これはこれでよしとしよう。

…アレ???

逆にした方がいいのかn?
ハハコグサの壁飾り
うん。こっちですね(*^_^*)

ハハコグサのドライフラワーを葉っぱを落として作る

ドライフラワーを作る場合は 葉っぱを落とすのが一般的ですね。

先ほどは 「根っこつき」「カブごと」のハハコグサのドライフラワーでしたが、今度は もう一種類 葉っぱを落としたハハコグサのドライフラワーも作ってみます。

ハハコグサをもう一株用意します。
ハハコグサ

ハハコグサの茎を切り、葉を取ります。
ハハコグサの葉を落とす
(4月27日)

紐でくくってつりさげておけば1週間程度でドライになります。
ドライフラワーにしたハハコグサ

ハハコグサの黄色の花色は ドライにしても色あせないし ふわふわとした感じが残るのがいいですよね♪

ヒメコバンソウのドライフラワーと一緒に飾りました。
ハハコグサとヒメコバンソウのドライフラワー

ヒメコバンソウのドライフラワー
春先から初夏にかけて 小さなかわいい三角形の穂をのぞかせるヒメコバンソウ。 ものすごく簡単にドライフラワーになるし、飾りやすいし、他のお花とも合わせやすいし。とホントにすぐれものです。 ヒメコバンソウのドライフラワーを作って 前回のハハコグサと一緒に飾ってみました。
ハハコグサとチチコグサ。花の時期。春の七草について。
気が付くと足元にちょこちょことはえているハハコグサ。セイタカアワダチソウの苗のように見えますが、これでも立派な一人前の雑草です。 まとめて植えたらどんな風になるのか気になってハハコグサ畑を作ってみることにしました。ハハコグサとチチコグサの違いも紹介します。

おわりに

花壇の花は 大き目のドライフラワーになりますが、雑草で作るドライフラワーは全体的に小さ目。

なので 天井からつるしたりするよりも 身近に飾るのに向いている感じがします。ちょっとコップに挿したり、額縁に添えたり。

草むしりで見かけた雑草。ほんとは この後ゴミにしちゃう予定の雑草の花を ほんの少しだけ家に持って帰って 乾燥させて ササッと飾る。

これはこれで楽しい日々です。

あ。

でも お花が咲いてるってことは「種はもう落ちてる」と考えたほうがいいから。

来年も庭は草だらけになること間違いないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました