草を育てる。草で遊ぶ。色々している実験ブログです。

menu

庭の草

ザバーンの効果。草は生える?スギナは突き破る?グランドカバーは?

ジューンベリーの根元

自宅の庭にザバーン125BBを敷いて7年経過しました。

我が家のザバーンについて、スギナ・ドクダミ・ヨモギ・カタバミなど手のかかる雑草に効果はあるのか。 どんな雑草も同じように防ぐことができるのか。時間経過とともに雑草に対して弱くなったりしないのか。突き破って生える雑草はないのか、などをまとめました。

広告

ザバーンの効果

防草シートを敷く主な目的はもちろん「雑草対策」ですよね。植物の分け方は、色々ありますが、防草シートを敷く場合は植物は繁殖や成長の仕方から3つに分けて考えるとわかりやすいと思います。もちろん雑草の中には スギナのように根でも広がりながら胞子もまき散らすいうものもあります。というか多くの雑草はいくつかの手段を併用して子孫を増やしています。なので一応の目安としての分類になります。でもザックリと分けておくと雑草対策をしやすいと思います。

私は次のように分けてみました。

①種で増えていく雑草
主に一年生の雑草で、表面のわずかの土だけでも成長できます。ハコベ・カタバミ・コミカンソウなど

②地中深く根を張る雑草
地下 数10cm~何メートルもの深い場所で縦横無尽に根を張っている雑草です。表面だけの草むしりでは駆除できないタイプになります。スギナヤブガラシワルナスビドクダミなど

③土の表面を匍匐して成長する雑草
土の表面の張っていきながら株を大きくしたり ランナーなどで株を増やしていったりします。ヘビイチゴなど

ザバーンには草が生える?

我が家がザバーンを敷いて6~7年ほど経過しました。こちらは125bbの上に砂利を敷いている場所です。段々に砂利とザバーンの間、砂利の隙間に土がたまってきています。
砂利の下の土

土が少しでもあると風で飛ばされてきた一年生の雑草が芽を出します。
雑草の芽

油断しているとあっという間に増殖するコミカンソウやカタバミは特に要注意です。
雑草の芽2

深く根を張るわけではありませんので、スッと抜けます。できるだけ小さなうちに、花や実をつけるよりも前に、抜くようにすると管理が楽です。ほんの何秒かで終わる仕事なので「毎朝 新聞を取りに行ったついでにサッと抜く」とか決めておくといいと思います。
雑草を抜く

これをやっておかないと ドンドン雑草が増えてドンドン種を飛ばして、さらに雑草が増えて・・・と雑草だらけになってしまいます。もちろん雑草だらけになっても 土に生えている雑草よりは抜きやすいですが。できるだけ手間と時間をかけたくないなら「こまめな手入れ」が結局一番楽かな、と思います。

ザバーン設置7年後
⇒一年草はザバーンの上の土に生えるようになるのでメンテが必要

ザバーンとスギナ

我が家は もともと スギナ・ドクダミ・ヨモギ・ワルナスビ・チガヤ・などの雑草がはびこり放題でした。今もたくさん残っています。

ジューンベリーの苗を植えた後に、周囲を草むしりしてザバーン125bbを敷き、楕円にくり抜き、ザバーンの上に砂利を敷きました。ザバーンがない部分にはドクダミやスギナが顔を出します。気を抜くと かなりコンモリモサモサと茂ってしまします。が ザバーンを突き抜けて生えてきたことはありません。
ジューンベリーの根元
最初に スギナは地下茎と胞子で増えると書きましたが、スギナは胞子が飛んでも地下茎が発達できないと、生長できないようです。ザバーンの上のうっすらと薄い土の上でスギナやスギナの子ども(つくし)が大増殖!なんてことは今まで一度もありませんでした。

すぐ近くにはチガヤやワルナスビも生えていますが、こちらもザバーンがある場所には生えてこなくなりました。

スギナやドクダミ、ヨモギなどは、本当に草むしりが大変です。むしってもむしっても生えてきますね。これらの雑草は土の下で根が広がって、芽を出しやすい場所から芽をだして成長します。茎や葉が伸びていくと十分光合成ができるので さらに根は土の中を這いながらドンドン成長して、アチコチに芽を出していきます。表面だけでの草むしりでは根絶はできません。

でもザバーンでは かなり抑えることができます。

ザバーン設置7年後
⇒7年たっても地下茎で増える雑草はザバーンがブロックしてくれる

ザバーンとグランドカバー

最後に「土の上を匍匐していく雑草」と「グランドカバー」についても書いておきます。

まず、タマリュウとクリーピングタイム。タマリュウはランナーが出て株が増えていきます。サギゴケヘビイチゴと一緒です。クリーピングタイムは株そのものが大きくなります。

ローリエの苗木の根元です。
苗木の周囲にはザバーンを敷いて根元を丸く くり抜いています。こちらはザバーンの上とくり抜いた土の上の両方に砂利を敷いています。土の部分にはタマリュウを少し植えています。もともと 手のかからないタマリュウくんは指定されたエリア内でおとなしく増殖中です。
ローリエの根元
画面右側から迫ってきているのはクリーピングタイム。この子は、土がなくてもドンドン匍匐してくる元気者です。でも根は細くはがしやすいのでジャマだったらペリリって終わり。あまり気になりません。

ディコンドラ セリセア。この子も元気です。気が付くと防草シートの上、リッピアの隙間、花壇の周囲などいろんな場所で頑張ってます。こちらもザバーンの上でジャマな場合はペリリってはがせます。

画像はありませんが、ヘビイチゴやヒメイワダレソウ(リッピア)、アイビーなどの表面を匍匐する植物も広がっていてもペリリってはがせます。ただし 広範囲に根を張るとやっかいです。

メヒシバなどの浅い場所に細い根と細い茎が広がるタイプの雑草も ものすごくものすごくやっかいです。

増殖させる予定がないものは とにかく早めに除草したほうがいいです。

ザバーン設置7年後
⇒匍匐するタイプの雑草やグランドカバーは、ザバーンの上でもあまり気にせず増殖します。不要な場合は早めに剥がすようにしてください。

【防草シートザバーンの関連記事】

①どんな雑草に効果がある?←今 ここです
設置方法は?押さえのピンやテープは?
125と240の差。耐久性
その他のメリット&デメリットは?
各規格ごとの特徴や耐用年数。

おわりに

我が家の庭はスギナやドクダミ、ワルナスビ、ヨモギが多く、それらに効果のあるザバーンには かなり助けられています。おかげで草むしりの時間がかなり短く済むようになりました。ホントに楽です。できたら、防草シートの上の土が簡単に取り払える方法がないかと思っているんですが、いくらなんでも無理ですよね。砂埃って普通に家の中にも入ってくるんだし・・・。うん。ちょっと言ってみたかっただけです。

今回は ザバーン125bbと砂利を敷いた場所の雑草についてのまとめでした。

広告

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31